ツイッターパーツ
t

twitte更新中!

☆ブログ☆こちらからどうぞ

友情プログラム・グッズ販売中!

友情グッズ販売中!

2014年公演制作発表会見動画はコチラから↓

大きな画面での動画はコチラ☆

クリック

友情を応援していただいています

ハタノシステム様

「友情」は骨髄バンクドナー登録への啓蒙活動を行っております


劇団絵生

劇団絵生バナー
演劇365バナー

Interview

第2回 石原身知子さん

(女優)

第2回のゲストは女優の石原身知子さんです。

平成11年11月11日にスタートした「友情」初演の生徒役として出演された石原さん。

当時の思い出やこれからのことを伺いました。

─── 「友情~秋桜のバラード~」の初演に出演された石原さんですが、当時のエピソードをお聞かせ下さい。

ishihara1

 

「友情」公演は、私にとって「原点」。

 

この舞台には今もなお続く、素晴らしい出会いがたくさんありました。

 

この「友情~秋桜のバラード~」公演を知ったのは、劇団の養成所を卒業した後、それなりに悩んでいた頃でした。シアターガイドに掲載されていた「生徒役オーディション」の記事を見て、「これだ!」と降臨したものがあって(笑)。すぐに応募しました。

 

ですが・・・。実は勢いの方が先走っていたため、「友情」という舞台の設定がよくわかっていないまま応募していました。

 

 

 

── そしてそのままオーディションの当日を迎えることになって?!

 

会場に行ってみると自分と同世代の人たちがいないことに「あれ??」と思いました。

そして渡された仮チラシを見るとそこには【あゆみは中学2年生…】と書かれていて。

ここで初めて【中学生の話】であることを知りました。

 

当時、私の年齢は20代半ば。いくらなんでも中学生役は無理だろう、と思っていたのですが、結果は最年長で見事に合格!あの時は別の意味で夢かと思いました(笑)

 

夢と言えば、初演の公演をした劇場のシアターVアカサカは地下にあったのですが、劇場に降りる階段の途中には、ホセ・カレーラスさんはじめ、ご賛同いただいた著名な方々と一緒に撮影をした、たくさんの写真が飾られていました。

もちろんそれは劇場に来てくださったお客さまも楽しんでくださったと思いますが、私も夢のようなその写真を見るのが大好きで見る度に感動していました。

 

本当に毎日が楽しかったです!夜公演にも関わらず、午後になると生徒たちは早ばやと劇場に登校(出勤)してきて、舞台や客席、ロビーでいろんなことをやって1日中劇場で騒いでいました。

 

 

─── 劇中で印象に残っているシーンはありますか?

 

皆があゆみに坊主頭を披露する場面があるのですが、そこが私の一番大好きな場面です。

そこは皆であゆみを驚かせる場面ですが、誰かの誕生日があったりすると、リハーサルの時にその場面で誕生日の子をお祝いして驚かせたりしました。

私もそのサプライズを受けたことがあって、その時に皆からプレゼントしてもらったポーチは今も大切に使っています。 

 

 

─── 石原さんご自身の「友情」や「友達」についてお聞かせいただきたいと思います。

これまでに友達にしてもらっったことで嬉しかったこと・印象に残っていることはありますか?

 

小学生の時、盲腸と骨折で入院しました。自分の時間だけストップし、一人ポツンと取り残されたような淋しさがある病院。その心を温かくしてくれたのは、やはりクラスメイトからの手紙でした。

 

普段は気づかなかったクラスメイト達の優しさ、隠れた一面や個々の思いが手紙の中に溢れていて、子供心に感動した覚えがあります。

入院中は、その手紙を何度も何度も読みましたね。

 

その後20歳の時にも風邪をこじらせて入院したのですが、やはりその時も“私の良薬”になったのは【友人の存在】でした。

“友達”は“家族”とは違った力があります。今まで、数えきれないほど、その力に助けてもらってきました。

  

「友情」の舞台も同じで、純粋な友情の力がそこにあります。だからここまで多くの方々に愛され続けるのでしょうね。

─── 人生初の坊主頭!舞台が終わっても髪の毛はすぐ伸びるわけではないですよね。当時の思いを聞かせていただけますか?

ishihara2

 

舞台が終わった後も髪の毛が伸びるまでカツラをかぶったままアルバイトをしていました。

時々カツラを取ってお客様を喜ばせたりしていた事がつい最近のようです。

 

初演から14年以上も経つのに坊主だった私を知っている人かは今だに「髪・・・のびたねぇ」と言われたりします(笑)スキンヘッドだったことは、楽しくてあっという間だったので、苦労した覚えがありません。

本人よりも、周りの方が衝撃的だったのかもしれませんね(笑)。

 

 

 

───「友情」に出演したことで、その後何か変化はありましたか?

 

「友情」の舞台に出演したお陰で、ずっと憧れていた大劇場への道が開けました。

そしてたくさんの舞台に関わらせていただく中で「友情」の岡野医師役で出演された俳優さん達とご一緒させていただく機会もありました。

「友情」の舞台がその先につながっていることに感動し、その度に「友情」でお世話になったプロデューサーの顔が浮かびます。

「最年長だった私を、よく“中学生”として入れてくださった!」と(笑)。

だからこそ、この舞台は私にとってスタート地点、原点でもあるのです。本当にありがとうございます!

その初演から14年以上が経ち、まもなく上演回数500回を迎え大きく成長を続けていることに感銘を受けます。この作品がいかに素晴らしかったか、いかに多くの方々に愛されてきたか・・・。言葉にせずとも物語っています。

 

─── そして石原さんは、なんと単身でアメリカに進出されているのですよね!

ishihara3

30歳半ばになってから初めてロサンゼルスに留学しました。いろいろな思いがあってのチャレンジでしたが、誰一人知り合いがいないアメリカに一人で行くことはとても勇気のいることでしたね。

 

ですが、この決断をした時に思いだしたのは、“スキンヘッドになった時の自分”と“私の原点である舞台「友情」”のことでした。あの頃感じていた舞台に対する思い、新しいチャレンジに飛ぶ込む勇気・・・。それを考えた時、背中を押してくれたのは「友情」の経験でした。

スキンヘッドになった時と同じ勇気をだして決めた留学は、「友情」がもたらしたミラクルと同じように新しい出会いをたくさん与えてくれました。

そして、そのロサンゼルスで「友情」の公演が行われたことも私にとっては感動的なことでした!

 

 

 

─── 最後に「友情」生徒役を経験して学んだこと、皆さんに伝えたいこと、メッセージをお願いします!

いつだってどんな時だって、新しい世界に飛び込む時、ワクワクと同じくらい不安があります。でも、それを乗り越え勇気を出し、一歩を踏み出せば、出会える新しい世界。

人と人がつながって発揮する大きな力。

「私達には、できることがたくさんある」私は「友情」を通してそれを知りました。

だから、臆病心が顔を出した時、お守りのように「友情」にチャレンジした自分を思い起こすのです。そうすると、心が素直になり、勇気がわき、足を前に踏み出すことができるのです。 

 

「友情」に出会った事・・・。14年以上経った今も、こうして「友情」につながっている事に心から感謝しています。出会いはその時だけのものではなく、そこから広がる新たな素晴らしい出会いがあるからこそ、1つ1つが輝いていくのだと思います。これからも、たくさんのことにチャレンジして、この「原点」が未来へと伸びていく喜びと幸せを・・・皆さんに伝えていきたいと思っています!

2014/5/1up

プロフィール

*********************************

 石原 身知子 (いしはら みちこ)

*********************************

 

劇団青年座研究所出身。

「友情~秋桜のバラード~」初演に生徒役(菅朝日)で出演。

鳥取博覧会、東京ディズニーランドのショー出演、読売ジャイアンツFire Girlとして活動後、大劇場の舞台へ。2000年9月新橋演舞場にて初舞台後、2014年現在までの間に出演した作品は約50作品、その出演数は2301ステージに上る。

主な作品は「大奥」(明治座、他・浅野ゆう子主演)、「ビギン・ザ・ビギン」(帝国劇場・森光子主演)、「熱海五郎一座」(サンシャイン劇場・三宅裕司主演)など。2009年、ロサンゼルスに留学。マイケル・メンデルソーン監督の「ハロウィーン・ハウス・ホラー」に出演。以後、ロサンゼルスと日本を行き来して活動。 2014年秋、南座出演予定。

 

■ホームページ■

http://michiko-ishihara.com/

 

■リンクトイン■

https://www.linkedin.com/in/michikoishihara

 

 


プライバシーポリシー | サイトマップ
copyright(c)2012 Theatrical company EKI.All rights reserved.